矯正歯科で虫歯リスクを抑える治療の相談をしよう

唾液で虫歯リスクが減る

歯医者

京都にはたくさんの歯科があります。歯科というのは歯のいろいろな病気やトラブルに対応してくれるところです。例えば、歯が痛む場合やしみる場合、黒く変色している場合など、何かしらの症状が現れた場合は歯科で診てもらいましょう。虫歯や歯周病のような病気だと診断されれば適切な処置をしてくれます。また、失った歯の部分にインプラントを入れることもできるでしょう。黄ばみを治すためにホワイトニングを行なっているという京都の歯科も多いです。そんな数ある歯科の中で、歯の歪みを治療することに特化しているのが矯正歯科です。京都にある矯正歯科では子どもや大人、性別など関係なく矯正治療を行なっています。ほとんどの矯正歯科で行なわれている治療方法はブラケット矯正というもので、一般的に矯正と聞いて思い浮かべるワイヤーを使った方法です。このブラケット矯正は細かい単位で歯を動かすことができるので、とても効果の高い治療方法なのです。ただ、人から見える歯の表側に装置を取り付けるため、目立ってしまうというデメリットがあります。そこで、京都にある一部の矯正歯科では見えない歯の裏側に装置を装着する裏側矯正を行なっています。裏側に取り付けることで人から気づかれにくくなるだけでなく、矯正治療のネックとなっている虫歯の発生率を抑えることができるでしょう。なぜ、虫歯の発生率が表側に装着したときより低くなるのかというと、裏側は唾液に触れる機会が多いからです。唾液には虫歯を抑える効果があるので、装置をつけたときの虫歯リスクを多少抑えてくれます。

マイクロスコープを使う

女性

神経にまで達するような酷い虫歯になったときは根管治療が行なわれます。この根管治療というのは内部の細かい部分を治療するものです。五反田の歯医者ではその治療にマイクロスコープを使っています。

More Detail

立体的に検査する

歯科

歯を失った部分に入れ歯を装着している人はたくさんいます。しかし、その方法だと他の歯を傷つけてしまう可能性もあります。桶川市にある歯科ではインプラント治療が行なわれており、CTを用いた検査をしています。

More Detail

黄ばみを落とそう

歯医者

大阪にある多くの歯科がホワイトニング治療を行なっています。これは黄色く着色した歯を薬剤で白くする方法です。歯科で行なうオフィスホワイトニングと、自宅でケアを続けるホームホワイトニングがあります。

More Detail