矯正歯科で虫歯リスクを抑える治療の相談をしよう

マイクロスコープを使う

女性

虫歯になったことがあるという人はたくさんいます。多くの日本人が悩まされる虫歯という病気は酷くなると歯を抜かなくてはいけなくなります。また、虫歯を放置することで、細菌が血管に入り込み別の場所で害を生む可能性もあります。健康的な体を維持するためにもズキズキと歯が痛むことがあれば歯医者へ相談するようにしましょう。五反田にある歯医者では歯の状態に合わせて虫歯治療を行なっています。例えば、初期の虫歯なら削らずに歯みがきの仕方を指導するだけで治療を終えることができるでしょう。なぜなら、初期の虫歯は浅い部分に穴を開けている状態で、歯ブラシで細菌を撃退しておけば再石灰化の影響で治すことができるのです。それ以上に虫歯が進行してしまった場合には虫歯の部分を削り詰め物や被せ物をするでしょう。神経にまで達している場合、五反田の歯医者ではマイクロスコープを用いて根管治療を行なっています。根管治療というのは根の部分まで広がった虫歯を治療する方法で、とても細かい作業が必要になるのです。五反田の一部の歯科には、細かい作業をするためにマイクロスコープが導入されていて、それを使うことで口や歯の中を拡大して見ることができるのです。マイクロスコープは最大20倍まで拡大することができるので、歯を削り過ぎたり虫歯の部分を見逃してしまったりすることがなくなるでしょう。また、五反田の他の歯医者は根管治療以外のときもマイクロスコープを用いています。例えば、被せ物を綺麗に装着するときや歯を削るときです。