矯正歯科で虫歯リスクを抑える治療の相談をしよう

立体的に検査する

歯科

事故や虫歯、歯周病で歯を失ったときに多くの人が使うのが入れ歯です。入れ歯というのは歯茎の上に人工歯を乗せるもので、欠けた部分の両隣の歯を支えにすることがあるのです。そうやって入れ歯を支えている天然の歯は、どんどん傷ついてしまうことも考えられます。そういった事態に陥りたくないという人は桶川市でインプラントを行なってくれる歯科を探しましょう。インプラント治療というのは土台を埋め込んで人工歯を取り付けるというものなので、残っている周りの歯に影響を与えません。欠けた部分の歯茎にチタンでできたインプラントを埋め込み顎の骨と結合させます。このチタンは生体との親和性に優れていて、金属アレルギーを引き起こす可能性の低い素材です。顎の骨としっかり結合してくれるので、人工歯を取り付けたときにグラついたり外れたりする心配もなくなるでしょう。桶川市にある歯科で入れ歯の代わりにインプラントを埋め込めば、自分の歯と変わらない感覚で食べ物を噛むことができるようになります。入れ歯のような不快な装着感を感じなくなるのです。このように、いろいろなメリットのあるインプラント治療を成功させるためには、それなりに細かい検査が必要となるでしょう。桶川市の一部の歯科ではその検査のために歯科用のCTを導入しています。今までレントゲンで平面的にしか確認できなかった顎や歯の状態も、この歯科用CTを用いることで立体的に調べることができるようになったのです。歯科用CTを使えば、パソコンに歯や顎、神経や血管などが立体的な映像として映しだされます。安心してインプラント治療を行ないたいのであれば、桶川市で歯科用CTを導入しているところを探しましょう。