矯正歯科で虫歯リスクを抑える治療の相談をしよう

黄ばみを落とそう

歯医者

大阪にある多くの歯医者さんでは、歯の黄ばみを綺麗にするためにホワイトニングが行なわれています。歯の黄ばみというのは色の付きやすい食べ物や加齢、タバコなどいろいろなことが原因になっているのです。歯医者さんでクリーニングを行なえば歯の表面の汚れが落ちるので多少白くなることもあるでしょう。しかし、染み込んだ色というのはクリーニングや歯ブラシでは落とせません。そこで、大阪の歯医者さんにホワイトニングをしてもらわなくてはいけないのです。ホワイトニングには大きく分けて2つの方法があり、歯科へ通って医師に薬剤を塗布してもらう方法をオフィスホワイトニングといいます。この方法で使われる薬剤は濃度が高くすぐに歯を白くすることができるでしょう。数回重ねて行なうことで歯が本来持っている白さを取り戻すことができます。しかし、オフィスホワイトニングは白さが持続しにくいという特徴があるのです。そこで、大阪にある一部の歯医者さんはホームホワイトニングという方法で黄ばみを除去しています。ホームホワイトニングというのはマウスピースと濃度の低い薬剤を持ち帰って自分でケアを続けるというものです。毎日2時間薬剤を入れたマウスピースを装着し続けることで、徐々に歯を白くすることができるでしょう。そして、それを週数間続けることで白さの長持ちする歯を手にすることができます。また、大阪の一部の歯医者さんではその両方を組み合わせて即効性と持続性を兼ね備えたホワイトニングを行なっているところもあるのです。